自分磨きと料理と知恵と。

日々の思うこと、料理のレシピや面白い知恵と。こうありたいとか役に立つこととかを書いていきます。共感してもらえる人がいると嬉しいです。

ブログ超初心者のための|記事の書き方|編集の仕方|

何を隠そう、わたしもブログ初心者です。初心者だから、たくさんわからないことがあるんです。だからその都度、色々調べてわからないことを解決しての繰り返し。

 

その時、わからなかったことって、きっとこれからブログはじめる皆さんもわからないことだと思うから、備忘録をかねて、記事にしておきます。

f:id:daizumayuge:20190911155606j:image

 

 

 

ブログの種類

思いついたことを、色々書いていくのが雑記ブログで、専門的なことを集めて書いていくのが特化ブログです。自分にあった方法でブログを書いていくのが一番です。

 

ブログを書くにあたって、どんなブログにしていきたいか、まだ決めかねている人は、面白い記事があったので、参考にしてみてください。

参考 ブログの種類(ブログ部リンク)

 

雑記ブログなら、思ったことをすらすらすら〜っと書いていけばいいですが、特化ブログなら、見出しを作って書いていった方が読みやすくなります。

 

タイトルの決め方

タイトルはブログをやる上で一番重要です。なぜなら、検索エンジンでは、タイトルからキーワードを検索するんです。

 

というわけで、タイトルには、キーワードを絡め、わかりやすく読みたくなるようなタイトルにしなければなりません。最低でも、キーワードは2つ以上使ってタイトルを決めましょう。

 

ブログを勉強する上で、クロネさんの記事がわかりやすかったので、よかったら見てみてください。

 

記事の書き方

まず、悩むのは記事の書き方だと思います。わたしのやり方になりますが、詳しく書いていきたいと思います。

 

記事を書くときは、何を書こうか?どういう感じで書けばいいんだろう?とか色々悩みますが、基本、自分の好きなことを自分の好きなように書けばいいと思います。

 

やはり、好きなことならスラスラ書けるし、調べるとしても好きなことならどんどん調べられます。まずは、好きなことを好きなだけ自分の言葉で書いていきましょう。

 

言葉は、丁寧でも、くだけていてもいいと思います。その文章を読んだ人が不快にならなければ、友達に話す感覚でもいいと思います。

 

記事になにを書こうかなと、なにも思い浮かばないこともあります。でも、普段、疑問に思ったことや気になったことはネットで調べる癖のあるわたし。その時、そのまま調べ終わらないでお気に入りに登録して、また後で読むようにしました。そうすることで、その中から、また気になったものを自分の言葉で記事にしています。

 

また、アウトプットするときは、マイクマークを押して話してアウトプットすると楽です。

 

 

見出しの効果

見出しを作ることによって、記事が断然読みやすくなります。見出しはいわば、タイトルの次に重要とも言えます。わかりやすく、簡潔に見出しを作りましょう。

 

はてなブログでは、編集見たままから、簡単に見出しを作ることができます。詳しくは、超初心者のための|見出しの作り方|目次の設定の仕方|をご覧にください。

 

目次の設定

目次は、記事のはじめのほうに設定すると、読みたいところにポーンと飛ばしてくれます。長い記事だと、全部読むのは時間がかかるし、目次があった方が便利です。

 

また、目次を読んで、読みたい記事にとんでいくので、ここからも見出しの文言が大事になってきます。

 

はてなブログでは、見出しを作れば、目次を作るのは簡単に作れます。超初心者のための|見出しの作り方|目次の設定の仕方|を確認してください。

 

吹き出しの作り方

吹き出しをつくることによって、記事にアクセントが加えられます。吹き出しはデザインCSSにコードを貼り付けなければなりませんが、結構簡単に作ることができます。

 

詳しくは ↓ ↓ ↓ こちらをご覧ください。

www.daizumayuge.com

 

アイキャッチ画像の設定

アイキャッチ画像は結構重要です。パッと見、画像があった方が記事の内容が想像しやすくなります。

 

ぶろぐ村とかTwitterでも、キャッチアップ画像があれば、画像と一緒にタイトルが出て、グッと印象をひきつけられます。というわけで、なるべくアイキャッチ画像を設定しましょう。

www.daizumayuge.com

 

でも、カメラで写真を撮って画像を作るのが大変!と言う人は、無料素材から画像を拾ってきましょう。Web Design Trendsに無料素材のサイト集がありますので、チェックしてみてください。

 

 

▼おすすめ記事▼


 

 

 

 

 ▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村