自分磨きと料理と知恵と。

日々の思うこと、料理のレシピや面白い知恵と。こうありたいとか役に立つこととかを書いていきます。共感してもらえる人がいると嬉しいです。

2019年10月1日から始まるキャッシュレス決済のポイント還元について

 2019年10月から消費税増税、軽減税率がはじまり、それに伴い、キャッシュレス決済によるポイント還元が始まります。

 

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、クレジットカードやデビットカード電子マネーQR決済サービスなど、現金以外で決済すること。つまり、2019年10月からは、現金ではなく、クレジットカードなどで払った方がお得ということになります。ただし、一部交通系電子マネーは対象となっていないようですので、ご注意を。

 

自分の持っているカードや電子マネーが対象かどうか気になる方は、

登録されている消費者向けサービスを探す | キャッシュレス消費者還元事業

上記、経済産業省のサイトで確認できます。

 

ポイント還元の対象期間は

2019年10月から2020年6月までの9カ月間が対象期間になります。

この期間内に還元されたポイントを使わないと無効になってしまうそうなので、ポイント還元されたらなるべく早く使ってしまいましょう。

 

ポイント還元の方法は

基本的には、そのカード事業者の持っているポイント制度のポイントが還元されます。

 

ちなみに、クレジットカードのJCBやクレディセゾン三井住友カード三菱UFJニコスユーシーカードの大手5社は、 金額請求時にポイント還元分の金額を差し引く、実質上の値引きで対応するそうです。有効期限を気にしなくていいし、ポイント還元の恩恵を実感しやすいので、こちらのがありがたいです。
 
 ただ、三菱UFJニコスはブランドによって対応が異なるそうで、「MUFGカード」は実質値引きとなるが、「DCカード」と「NICOSカード」は後日のポイント還元となるそうなので、こちらのカードを持っている人は注意してくださいね。

 

ポイント還元実施店舗は

どこの店でもこのポイント還元が実施されるかというとそうでもなく、こちらのポスターやステッカーが貼られているお店が対象とのことです。

f:id:daizumayuge:20190908073006p:image

経済産業省HPより(5%の場合)】

 

コンビニや飲食店のフランチャイズ店舗は、2%のポイント還元の対象になるので、上記のポスターが2%となって張り出されます。

 

商品券やプリペイドカード、郵便切手、宝くじ、自動車、新築住宅、株式などはポイント還元の対象にはなりません。

 

まとめ

還元ポイントが5%だったり2%だったり、ポイントで返ってきたり実質現金値引きだったり、いろいろ複雑ですが、キャッシュレス決済をすれば、消費者には損はない話なので、クレジットカードや電子マネーを持ってない人も、この際、キャッシュレスデビューもいいかもしれません。

 

www.daizumayuge.com

 

 

▼クリック!応援お願いします▼

PVアクセスランキング にほんブログ村