自分磨きと料理と知恵と。

日々の思うこと、料理のレシピや面白い知恵と。こうありたいとか役に立つこととかを書いていきます。共感してもらえる人がいると嬉しいです。

れんこん食べて舌がピリピリする症状|れんこんアレルギー?|

f:id:daizumayuge:20200123143546j:image

先日私はれんこんを食べた時、しばらくすると舌がピリピリする症状が。

もしかして、私、れんこんアレルギー

 

 

その時の記事はこちら▼

 

こんなことは初めてだったので、「れんこん」「アレルギー」について調べてみました。

 

 

 

ピリピリするのはれんこんアレルギーなの?

れんこんを食べた時に、唇や口の中、のどがヒリヒリ・イガイガする人がいます。アレルギーかもしれないと病院に調べに行っても、れんこんアレルギー検査の項目の中にないので調べることができません。

 

では、アレルギー検査の項目にないのならどうするのか?

 

そんなときは、皮膚に少し傷をつけてそこにれんこんの汁を付け、皮膚テストをする方法があるそうです。もしアレルギーがあるのならそれで腫れてくるのだとか。

(※こちらは、病院でやる方法ですので自己流ではやらないようにおねがいします。)

 

また、口腔アレルギー症候群ラテックスフルーツ症候群)の場合もあります。

 

口腔アレルギー症候群とは

花粉症の人がフルーツ、野菜、ナッツなどを食べた時に、口の中や唇の違和感やしびれ、顔面の腫れ、呼吸困難感が出現する病気で、ラテックスを含んだゴムでも同様の症状を起こすので、合わせて口腔アレルギー症候群・ラテックスフルーツ症候群と呼ばれています。花粉症を起こすタンパク質成分(アレルゲン)とこれらの植物由来の食物に含まれるタンパク質の構造が一部共通しているために、口の中でアレルギー反応が起きることで発症します。症状が頻繁に出る時には、誘因となる食物を可能な限り避けることと、アレルギー反応が起きるのを抑える薬をしばらく定期的に服用することが必要になります。

症状を誘発しやすいフルーツには、リンゴ・キウイ・モモ・メロン・サクランボ・マンゴー・グレープフルーツなどがあります。野菜では、セロリ、ニンジン、トマト、ジャガイモ、ナッツ類では、アーモンド、ピーナッツ、クルミ、ココナッツ、ヘーゼルナッツなどが同様の症状を引き起こしやすいとされています。

 出典:渋谷内科呼吸器アレルギークリニック

 

 食物アレルギーはその食物自体にアレルギー反応を起こすことをいいますが、口腔アレルギー症候群は、食物に含まれるタンパク質の構造が花粉症を引き起こすタンパク質の成分に似ていることから起こります。

 

れんこんの成分「タンニン」の仕業かも

れんこんにはポリフェノールの一種「タンニン」という成分が含まれています。「タンニン」は、いわゆるアク(灰汁)で、植物が外敵から身を守るために身体に害を及ぼす成分です。苦みやエグ味、渋みなどがアクになります。食べ過ぎると腹痛や下痢を起こす人もいます。

渋柿や未熟な柿を食べたときの苦味や渋味を思い出していただければタンニンの味が想像しやすいと思います。あの「苦い」「渋い」感覚は、タンニンが舌や口腔粘膜のタンパク質と結合し、タンパク質の変性が引き起こされることにより生ずると考えられています。これを収れん作用といい、舌や口腔内がしびれたり、刺すような感覚を伴います。

出典:webジャーナル

 

れんこんのアク抜き方法

一般的なれんこんのアクの抜き方は酢水にさらす方法です。水500ccに対し酢小さじ1を加えた酢水に5分ほどさらしましょう。レモン汁でも代用可能です。酢水やレモン汁につけるとでんぷん質の働きが抑えられてシャキシャキ感が出ます。きんぴらなどにいいでしょう。

 

また、水につけるだけでもアクは抜けます。れんこんを切ったら5〜10分水につけておきましょう。水につけるあく抜きの方法は、れんこんのホクホク感を楽しめるので煮物などに適しています。

 

 

仮性アレルゲンの場合も

食物アレルギーはその食物自体に身体が免疫反応を起こします。一方、仮性アレルゲンとは、その食物に含まれている化学物質がアレルギーのような症状引き起こすことを言います。仮性アレルゲンの場合、アレルゲンを食べると毎回症状が出るわけではなく、出ない時もあるというのが特徴です。

仮性アレルゲンは、食品中に含まれるヒスタミンなどの化学物質が直接作用してアレルギーのような症状を引き起こすもののことをいいます。
例えば、山芋を食べたり触ったりすると、口の周りや触れた部分が痒くなったりします。この場合、山芋が仮性アレルゲンとなります。

出典:葛西内科皮膚科クリニック

 

れんこんには、ヒスタミンコリンが含まれていますので、仮性アレルゲンを引き起こす場合もあります。

 

 

まとめ

実際、今回は病院にいってないので、私がれんこんアレルギーだったのかはわかりません。しかし、身体がなにか反応を引き起こしたのは事実です。

 

以前食べたれんこんのきんぴらではそんな不快な症状は出なかったですし、実際の原因はわかりませんが、大量に食べたのがいけなかったのかもしれません。

 

食物アレルギーアナフィラキシーショックなど、命に関わることもありますし気をつけないといけないです。

 

原因はわかりませんが、れんこんに限らず、身体に不調が出た場合は気をつけて食べ物を食べていきたいと思っています。

 

 

 

▼おすすめ記事▼


 

 


▼クリック!応援お願いします!▼
PVアクセスランキング にほんブログ村