自分磨きと料理と知恵と。

日々の思うこと、料理のレシピや面白い知恵と。こうありたいとか役に立つこととかを書いていきます。共感してもらえる人がいると嬉しいです。

自分の身は自分で守らなきゃ!新型コロナウイルス|まとめ|

f:id:daizumayuge:20200128204540j:image

(※画像はイメージです)

 


 

新型コロナウイルス肺炎、猛威をふるっています。

 

どんどん感染者も増えてきて、

日本でも7人の感染が確認されています。

(2020年1月28日午後23:00現在)

 

取り急ぎ、

✔️新型コロナウイルスとはどんな肺炎なのか

✔️感染ルートは?

✔️潜伏期間は?

✔️新型コロナウイルスから身を守る方法

✔️新型コロナウイルスかも?症状が出たときは

✔️現在の状況

 

をまとめてみたいと思います。

 

 

 

新型コロナウイルスとはどんな肺炎なのか

NHK NEWS WEBで特設サイト 新型ウイルス肺炎が開設されています。

そこには次のように書かれています。

コロナウイルスは、電子顕微鏡で見ると、太陽の周りを「コロナ」というガスが取り巻いているような形をしているところから名付けられたウイルスで人や動物に感染します。

人に感染して、一般的に流行するものは4種類あるとされていて、国立感染症研究所によりますと、せきや発熱、鼻水などがでる、通常の「かぜ」のうち、流行期には35%がコロナウイルスによるものだとされています。

 

通常の風邪もコロナウイルスによるものとのこと。

 

また、2003年にアジアで流行したSARS(サーズ)や2012年にサウジアラビアで流行したMARS(マーズ)もコロナウイルスによるものです。

 

「新型」コロナウイルスということで、人体に免疫がなく重症化してしまうとのこと。

 

ウイルス遺伝子の型はSARSに似ているそうです。まだまだこれからデータを精査し判明することも多そうです。

 

 

感染ルートは?

新型コロナウイルスの発生源とされる中国武漢ではコウモリネズミなど野生動物も市場で売られているそうです。まだ詳しい調査はされていませんが、これら野生動物から人間に感染したのでは?といわれています。

 

 新型肺炎の初期の患者の多くは中国湖北省武漢市の海鮮市場に出入りしていた。市場では食用の家畜や野生動物が取引されており、動物の体液やふんに含まれるコロナウイルスを吸い込んで感染したと考えられている。

 出典:朝日新聞DIGITAL

 

 

新型でもあるし感染ルートも未だ判っていないので、特効薬ワクチンもまだありません。

 

少し前までは、ヒトへの感染はないだろうとされてきましたが、今現在ではヒトからヒトへの感染も確認されています

  

潜伏期間は?

中国政府の1月26日付けの発表によると潜伏期間は最短1日〜最長14日とのことです。また潜伏期間中もヒトに感染するとのこと。

 

SARSのときは潜伏期間中は感染しなかったということなので、今回の新型コロナウイルスは症状がまだ出ていない人がいろんなところに出歩き、ウイルスをばら撒いてしまう危険性があるということ。

 

2020年1月28日に武漢からの観光客を乗せたバスの運転手が感染したと発表がありました。もうすでに、潜伏期間中の感染が確認されています。

 

新型コロナウイルスから身を守る方法

 東京都感染症情報センター新型コロナウイルスの予防の方法が記載されています。

流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。 

手洗いの方法について  正しい手洗いの動画

咳やくしゃみをする場合には口と鼻をティッシュや手で覆いましょう。その後、ティッシュは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。 

咳エチケット

 とあります。

 

手洗いくしゃみをするときは手で覆い、その後手洗いアルコール消毒を頻繁に行うこと、うがいマスクもしたほうがいいかと思われます。

 

一番の予防方法は、なるべく出歩かないこと

これが一番かもしれません。

 

 

新型コロナウイルスかも?症状が出たときは

発熱息苦しさが主な症状。筋肉痛倦怠感下痢頭痛などの症状が出る人もいるとのこと。重症化すると肺炎腎機能が低下するとされています。

 

ただ、新型コロナウイルスでは高熱が出るといった症状はないそうです。

熱が出ても37度台前半で体がだるいという風邪の症状に似ています。

 

もし、万が一そのような症状が出たときは、まず医療機関に電話をしてからマスクを着用し受診をしてください。

 

インフルエンザかもしれないし、ただの風邪かもしれないけれど、念には念を入れたほうがいいかもしれません。

 

 

現在の状況

ジョンズ・ホプキンス大学が、新型コロナウイルスの感染状況をまとめてWebサイトで公開しています。WHO(世界保健機関などからデータを収集して、感染者数死者数回復者数が一目でわかります。

 

英語のサイトになりますので、簡単に見方を説明します。

下記サイトを開き、赤丸が感染者がいる地域で示してありますので、見たい地域をクリックします。

 

すると、左上に次のような画面が出ます。

米ジョンズ・ホプキンス大学サイト

これが、その地域の情報になります。

 

Comfirmed → 感染者数

Death → 死者数

Recovered → 回復者数

 

が確認出来ます。

 

 

▼米ジョンズ・ホプキンス大学のサイト▼

gisanddata.maps.arcgis.com

 

 

まとめ

猛威をふるっている新型コロナウイルス。未だどんなものか研究が進んでいないだけに怖いウイルスです。

 

感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)によると、米などの3研究チームがワクチン開発作業を開始したそうです(1月23日発表)。6月までに臨床試験を開始するとのこと。

 

早くワクチンが開発されて、新型コロナウイルスに恐れることなく日々を暮らしたいですね。

 

 

 

 

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村