自分磨きと料理と知恵と。

日々の思うこと、料理のレシピや面白い知恵と。こうありたいとか役に立つこととかを書いていきます。共感してもらえる人がいると嬉しいです。

暑さ対策には保冷剤を活用

この暑い夏をなるべく快適に過ごすための保冷剤を使った方法をいくつか紹介します。

 

 

まず、

①保冷剤をタオルにまいて抱きしめて寝る。

これは、結構快適です。エアコンの温度は少し高めに設定しても、脇に保冷剤を抱えて寝れば気持ちよく眠れます。枕の代わりに頭の下に敷いてもいいけど、冷えすぎると、逆に頭痛がしてきちゃうかも…。脇の下がオススメです。

 

あと、冷えピタを貼る人もいるみたいですが、身体を冷やすわけではなく、ひんやり感じるだけなので、あまりオススメではありません。

 

②外出時は、小さめの保冷剤をタオルハンカチにまいて脇に挟んで歩く。

こんなに暑い日は、外出しないに越したことはないですけど、しないわけにはいきません。脇に挟めるくらいのサイズの保冷剤をタオルハンカチに巻き、脇に挟んで歩きましょう。全然、汗の出方が変わります。

 

できれば、替えの保冷剤も持っていければいいですけど、重いですよねー(泣)会社や出先に冷凍庫があって入れさせてもらえれば入れさせてもらって、なければ、仕方ない、持ち歩きましょう。その時、梱包用の白い発泡スチロールみたいな素材なもの(説明が下手ですみません…汗)に巻いて保冷バッグに入れると、冷たさが長持ちします。

 

また、今ではクールベストなる便利な商品もあります。キャンプやBBQ、農作業や通勤時にもスーツの下にも着れますよ。

 

③扇風機に100均のカゴをぶら下げて、その中に保冷剤を入れる。

扇風機の風だけだと、暑い風を循環させるだけだけど、その前に保冷剤をぶら下げておくと、風の冷たさが断然変わります。

 

扇風機にぶら下げなくても、身体の近くに置いておくだけでも全然変わります。うちのワンコもベットの側に置いておいてあげます。うちのワンコは怖がりなので、見たことないものを見ると近寄らないんですが、側に置いておくだけでも近くで気持ち良さそうに眠ります。慣れてくると上にも乗り出すので、その時は、保冷剤にタオルを巻いてあげます。

 

以上、保冷剤での暑さ対策でした!

 

 

▼クリック!応援お願いします▼

PVアクセスランキング にほんブログ村