自分磨きと料理と知恵と。

日々の思うこと、料理のレシピや面白い知恵と。こうありたいとか役に立つこととかを書いていきます。共感してもらえる人がいると嬉しいです。

うちの犬、ダイズちゃん。【シェルターからの道中編】

前回『うちの犬、ダイズちゃん【出会い編】』のつづきです。

 

シェルターからの道中

 

事務手続きが終わると、ダイズちゃんを抱き上げ一緒に3人、いや、2人と1匹で写真を撮りました。貰われて行くときに写真を撮るのは、ここの保護施設では定番のことのようです。

 

ダイズちゃんは、ばっちりカメラ目線。わたしたちは、突然のことで、笑顔が半笑いになっていました。この写真は、また、保護犬を貰いにくる人たちのために、壁に飾られるそうです。

 

きっと、この写真を見て、ああ、こうゆう人たちに貰われていったんだな、こんなワンちゃん達がいたんだなーと、その人たちに思われていることでしょう。

 

そして、あ、この人たちは笑顔引きつってるねって言われてるかも。まー、いいでしょう。ダイズちゃんは可愛く写ってるから。

 

ダイズちゃんは、真っ黒なイヌで、手脚と眉毛とほっぺたが茶色いワンコ。眉毛がちょうどダイズのサイズ、だからダイズちゃんです。

 

身体のほとんどが真っ黒だから、写真を撮るのは難しいんです。目に光を入れないと、どこに目があるのかわかりません。時には、そのダイズの眉毛が目みたいに見えることも。

 

だから、可愛く写ったダイズちゃんの写真はとても貴重なもの。その可愛く写ったダイズちゃんとわたしたちの写真を1枚いただき、事務手続きは終了しました。

 

ダイズちゃんをお家に連れていくために、ダンボールとその中に、オシッコのシートを敷いておきました。

 

ダイズちゃんはまだ、生後三ヶ月の仔犬。そして、野良犬あがりのこともあり、かなりのビビリな性格です。わたしたちには慣れているけど、見知らぬ家に行く途中、もしかして、漏らしてしまうかもしれません。

 

オシッコシートの敷かれたダンボールに入れられ、怖くないようにダンボールの上に小さな毛布をかぶせて、車の後ろのシートに乗せられたダイズちゃん。思いのほか落ち着いていました。

 

わたしは、ダイズちゃんと一緒に後ろのシートに、主人は車の運転です。

 

クルマに乗せられている間、ダイズちゃんは毛布の隙間から顔をのぞかせ、窓から見える空をジッと見つめていました。その日は、スッキリと晴れて、青い空にモクモク雲がいっぱい出ていました。

 

これから行くお家はどんなだろうな?

これからどんな人生(犬生)になるんだろうな?

そんなことを考えながら、お空を眺めていたのかもしれません。

 

そんなお空を眺めるダイズちゃんの目は、希望に溢れキラキラしていました。

 

つづく。

 

 

▼クリック!応援お願いします▼

PVアクセスランキング にほんブログ村